カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

涼しいキャンプ場です。観光に便利です。

昨日、中東のクウェートで56度を記録したそうです。日本も今年はとても暑いうえに蒸し暑い日が続いていいます。このキャンプ場は山の中にあります。山の自然に恵まれています。夜はひんやりと寒ささえ感じます。涼しいオゾンの空気を体いっぱいに吸い込むと何か癒やされる気がします。また、日本三大秘境の祖谷や大歩危のラフティングなど観光地へも1時間余りで行けます。車で30分程度走ると温泉もあります。夜は涼しさの中でバーベキュー、昼は川下りなどで楽しむコースもいいのでは。テントサイトは車も一緒におけるスペースがあります。バンガローもオートキャンプのサイトもまだ空いています。

花を見にたくさんのお客さんが来てくれました。

先日、徳島新聞の花紀行という欄にキャンプ村のギボウシとアジサイの紹介記事を掲載していただきました。その明くる日、県内各地からたくさんの方が山深いこのキャンプ村へ来てくれました。「ぎぼうしがすごい。めずらしいのがある」「こんなにたくさん管理するのは大変でしょう」「もう少し花を早く紹介してもらった方がよかったのでは」などいろんな方々の色々なお話をいただき、久しぶりに山が賑わいました。蒸し暑い日が続きますが、山には涼しいスポットがたくさんあります。ギボウシは遅咲きのギボウシもあり、まだまだこれからです。是非お越し下さい。ただ、お越しの際、ナビにはご注意ください。なぜか東みよし町まで来ていても、ナビは讃岐周りを示すそうです。ハイウエイオアシスを降りて、県道4号線に入ると30分もかからりません。決して香川県の方へはいかないようにしてください。DSC02202 DSC02193

キャンプシーズン到来。しかし蒸し暑い日が続きます(≧Д≦)

今年はとても雨が多い梅雨ですね。そのうえ暑さもすごいです。キャンプ場もさすがに日中は確かに暑いですが、周りは木がいっぱい自然いっぱいです。木陰に入ると涼しさを感じます。阿讃山脈の中腹、要するに山奥のおかげですね。海や湖の近くもいいと思いますが、昼間も外で涼しいところがあるのは山です。大歩危のラフティングや祖谷の渓谷、温泉もキャンプ村から1時間あまりで行けます。予約が毎日入ってきています。バンガローもまだ空いています。キャンプ場で夜を過ごし、観光地へ出かけるのもいいと思います。山のふところの中で過ごしませんか。DSC02189

(^へ^*)\(゜_゜)オイオイ…通行規制のお知らせ

このブログを見ていただかないとお知らせしてもわからなと思いますが、二本栗キャンプ村へお越しいただける方に通行規制のお知らせをします。徳島の東みよし町から県道4号線を通ってきていただける方のみが対象です。県道12号線から県道4号(東みよし町丸亀線)線を丸亀に向けて入って約5~7分で1時間おき道路工事のため通行止めの箇所があります。8時半までに通るか昼(12時~13時)の間は規制がありません。迂回路はありますが、あまりおすすめできません。誠にご迷惑をおかけしますが、キャンプ場へお越しの際は多少の余裕をもってお越しください。なお、香川県からお越しの際は通行止めの箇所はありません。この県道は決していい道ばかりではありませんが、キャンプ場は別世界です。お待ちしています。

県道4号線で落石がありました

昨日、キャンプ場のすぐ下を通る県道4号線で落石がありました。キャンプ場入り口から香川県の方に向かって200mの所です。当面の間、通行止めになりました。迂回路はあります。県道を利用するのであれば徳島県東みよし町から通常通りキャンプ場へはこれます。香川県や瀬戸大橋を通って、県道4号線を利用してキャンプ場へお越しくださる方々にはご迷惑をおかけするかと思います。国道32号線で三好市へ入り東みよし町経由であればキャンプ場へは通常通りに来ることができます。阿讃山脈の険しいところにキャンプ場があることをあらためて実感しました。県には早急に補修してほしいものです。

ウエイクボードアジア大会の開催

9月17~19日に吉野川・池田ダム湖で(三好市池田町)で水上スポーツ『ウエイクボード第1回アジア大会』が開かれる予定です。アジア諸国10カ国からたくさんの選手の皆さんが出場します。このような機会が徳島のしかも三好市で開かれるのがすごいことです。日本選手のレベルは高いそうです。水上でのすごい技が繰り広げられることでしょう。是非、見にきてください。その際お宿泊は二本栗キャンプ村で使うと便利です。ここから40分程で会場に着きます。

トイレは水洗または洋式です(≧Д≦)

ネットは怖いですね。今キャンプ場のトイレは洋式あるいは水洗です。前のトイレの記事がいつまでも残っています。ネットは怖いですね。いつま記事を残しているのですか。(≧Д≦)いいことをネットに書いてほしいですね。二本栗キャンプ村は自然いっぱいのキャンプ村です。近代的な設備はありませんが、自然が楽しめます。子どもたちも大人も自然体験には最適です。

妖怪祭りIN山城

三好市の山城町で妖怪祭りを見に行きました。山城町に伝わっている妖怪伝説を町起こしとして取り組まれています。東みよし町からも車で約30分で山城町に行けます。今は休校となった上名小学校の運動場で行われていました。今年初めて参加した地元山城町の獅子舞も参加しての、賑わいのある祭りでした。休校の学校の後の利用としてもすばらしいイベントでした。DSC01288DSC01291DSC01292DSC01293

 

苔がきれいに生えています。時代を感じる杉になりました。

キャンプ村は平成2年に開村して、今年で25年目になります。ここで住んでいた宮原兄姉姉妹が協力してキャンプ場をつくりました。親類が集まったり、色々な人が来てくれて、自然の中で遊んだり食事をしてくれたらいいということで創りました。すべて手作りで、それぞれの兄姉が持っている役割で創DSC00964 DSC00960りました。電気工事士、ガス工事、大工仕事、家具職人、シャッター会社などそれぞれのが仕事をもっていたので、自分たちの力で創りました。25年間、兄弟姉妹やその家族の力で維持管理をしてきました。その歴史を、この杉の苔をみるとき感じます。

プチコンサートがあります。

8月10日(月)鳴門教育大学軽音楽部の方々がキャンプ村で泊まってくれます。その夜に軽音楽部の方々によるミニコンサートが行われます。時間は午後7時頃からですが、山深いキャンプ村です。お越しくだされば幸いですが、お越しいただける方々には山深い場所ですので車の運転にはくれぐれもご注意ください。