木の間伐も終わりました。春の芽吹きを待っているキャンプ場です

昨年の11月からしていたキャンプ場の間伐がやっと終わりました。以前に比べてキャンプ村にたくさんの太陽の光が当たるようになりました。木々の枝先を見ると小さな淡い緑色や黄色の芽が出始めています。いよいよ暖かい太陽を浴びた木や植物が地中の水を吸い始め、芽を出そうとしています。アジサイの芽も紫が混じった緑色に大きく膨らんできています。楽しみな春はもうすぐそこに来ています。DSC01641 DSC01639

大雪(゜д゜)大雪

ひさしぶりの大雪です。ニュースでみるとどうやら四国でも三好市と東みよし町が最高の積雪のようです。雪が降りやすい自然環境に位置しているのでしょう。いつもの冬が来て安心しています。キャンプ場の雪も気がかりですが、東みよし町の足代付近の雪景色を紹介します。

 

 

DSC01434 DSC01433

キャンプ村リニューアル中です

今、キャンプ村では近くの若宮産業の社長が木を切ってくれています。木が成長しただけでなく数が多いので、キャンプサイトに日光が入りにくくなっていたからです。若宮社長は林業の専門家とはいえ、すばらしい技術で見事に他の木を痛めずに木を倒します。キャンプサイトにはスギや檜の他に色々な広葉樹もたくさんあります。その木を傷めずに見事に間伐してくれています。来年の春にはリニューアルしたキャンプ村に生まれ変わります。是非きてください。中津山もきれいに見えるようになりました。DSC01327 DSC01308 DSC01319キャンプ場から中津山がきれいに見えるようになりました。

妖怪祭りIN山城

三好市の山城町で妖怪祭りを見に行きました。山城町に伝わっている妖怪伝説を町起こしとして取り組まれています。東みよし町からも車で約30分で山城町に行けます。今は休校となった上名小学校の運動場で行われていました。今年初めて参加した地元山城町の獅子舞も参加しての、賑わいのある祭りでした。休校の学校の後の利用としてもすばらしいイベントでした。DSC01288DSC01291DSC01292DSC01293

 

まだまだ明るく燃えるような木々の紅葉が続いています

雨が続き三日ぶりに山へ行きました。もうそろそろ木の葉も茶色に染まって冬を待つばかりかなあと想像していましたが、まだまだ秋一色の木々が見られました。鮮やか目に焼き付くような色は少なくなっていますが、濃い紅のような色とまだ緑色の葉の色が混じってキャンプ場が輝いています。今更のように秋の自然は表情豊かだと実感しています。今の時期でもキャンプ場を見に来てくれるようなイベントができれば、たくさんの人々にこの山の良さを感じていただけるのにと思う次第です。DSC01279 DSC01277 DSC01272 DSC01278

紅葉がピークです。山の色が染まりました

キャンプ場や南の山もあっという間に色が変わってきました。高い山ほど鮮やかですが、もみじは種類によって低い山でも赤く染まる木があります。いちょうの葉は低い山でも高い山でも色は同じであるような気がします。これからどのように木々は変わっていくのでしょうか。また興味がでてきます。DSC01261 DSC01264 DSC01249

天高くよく晴れた一日でした

寒さが続いていましたが、今日はひさしぶりに暖かいよく晴れた一日でした。忙しかったので3日ぶりに来たキャンプ場でした。落葉樹の色も少しずつ赤く色づいてきています。まだまだ二本栗では本格的な紅葉は始まっていませんが、気持ちのいい空気の中で青い空と緑の木々の中で赤や黄色の組み合わせが鮮やかなコントラストを見せています。移りゆく山の色をお届けします。DSC01248 DSC01249 DSC01250

緑から茶や紅へ

キャンプ場の一番広いオートキャンプサイトに植えたナンキンハゼや周りの木々も色づいてきました。まゆみの実も真っ赤です。さざんかもたくさん花を咲かせています。毎週ごとに変わる山の色が楽しみです。山の外で見る山と山の中で見る山には大きなちがいがあります。季節を直に感じるこの頃です。DSC01219 DSC01222 DSC01223 DSC01224