nihonguri のすべての投稿

雨が多い年ですね。台風も近づいています。

気候がおかしくなっているような気がします。いつもの年なら、残暑が厳しく、真っ青な青空が見える時期なのですが。四季のけじめがないような天気が続いています。おかげで、草や木がぐんぐん伸びて、草刈りばかりしています。DSC01069この土曜日は、学生時代のクラブの同窓会をキャンプ場でします。楽しくバーベキューをしながら語り合いたいと思っています。いい天気になることを願いながら

久しぶりの秋空が見えました。

今週は雨ばかり、キャンプ場にとっては痛手です。しかし、この金曜日と土曜日は秋空が顔を出しました。8人の学生の皆さんが、最後の夏の想い出にと山へバーベキューを楽しみに来てくれました。「自然がいいですね」とほめていただきました。礼儀正しい方ばかりでさわやかさを感じました。「温泉に行きます」と言われて帰っていきました。近くのハイウエイオシスの「みのだの湯」を紹介したのですが・・・DSC01072 DSC01098

いい天気でした。学生の皆さんが団体で来てくれました

雨が続きましたが、久しぶりのいい天気でした。大阪から14人の大学生の皆さんが来てくれました。「道が細いな。ほんとに着くか心配した」との第一声。はるばる大阪から来てくれました。幸い夜も三日月が見えるなどいい天気に恵まれました。夜遅くまで交流していた皆さんでした。不便な山に来てくれました。「きれいですね。よかったです」との言葉もいただき有り難い限りです。今日は大歩危のラフティングに行くとの事でした。旅の無事を願っています。DSC01063 DSC01061

小さいギボウシの花が咲き始めました

キャンプ場には3種類のギボウシが群生しています。花の色はほとんど同じですが、背丈の高いギボウシの花は終わりましたが、まるでリレーをつなぐように、今、小さいギボウシの群生がうす紫色の花を咲かせています。ひんやりとした空気の中で、たくさんの群生した花をみていると、心が癒やされます。是非見にきてください。DSC01057 DSC01060下の写真は、今キャンプ場の事務所の前に咲いている小さなききょうの花がいっぱい集まったような、かわいらしい花です。キャンプ場には季節ごとに咲いたり実をつけるいろいろな花や木を植えています。白い百合の花も今から咲き始めています。

さわやかな夏空になりました

昨日は大阪や兵庫からたくさんのお客さんが来てくれましたが、夕方から天候が不安定になり、夜は激しく降ったりやんだりと大変でした。オートで泊まっているお客さんが心配で、声をかけましたが、様子を見ていますとのことでした。バンガローが一棟空いていたので、いつでも入れるように用意をしておきました。今朝は一転して湿気のないさわやかな夏の天気でした。8時頃には大歩危のラフティングに出かけるということで若いグループのお客さんが楽しそうな表情でキャンプ場を出ました。雨の中、大勢で泊まっていただきありがたい限りです。昼前に四国中央市から家族連れのお客さんがきてくれました。今日はこのキャンプ場の良さを実感できる最高の日でした。もっと大勢の方にこのさわやかな自然を感じてもらえたらと思いました。徳島は最後、池田は今日から阿波踊りです。夏盛りの日々です。楽しい夏にしたいものです。F1000566

コンサートIN二本栗、久しぶりににぎわいました。

8月10日に鳴門教育大学軽音楽部の皆さんが、親睦キャンプに来てくれました。総勢30名の学生の皆さんがキャンプ村を元気にしてくれました。夜はミニコンサートを開いてくれました。それぞれのグループが交代でレパートリーを紹介して、盛り上げていました。観客は学生の皆さんの他、数名でしたが、楽しく夜のコンサートを楽しんでいました。DSC00994 DSC01009 DSC00986

苔がきれいに生えています。時代を感じる杉になりました。

キャンプ村は平成2年に開村して、今年で25年目になります。ここで住んでいた宮原兄姉姉妹が協力してキャンプ場をつくりました。親類が集まったり、色々な人が来てくれて、自然の中で遊んだり食事をしてくれたらいいということで創りました。すべて手作りで、それぞれの兄姉が持っている役割で創DSC00964 DSC00960りました。電気工事士、ガス工事、大工仕事、家具職人、シャッター会社などそれぞれのが仕事をもっていたので、自分たちの力で創りました。25年間、兄弟姉妹やその家族の力で維持管理をしてきました。その歴史を、この杉の苔をみるとき感じます。

プチコンサートがあります。

8月10日(月)鳴門教育大学軽音楽部の方々がキャンプ村で泊まってくれます。その夜に軽音楽部の方々によるミニコンサートが行われます。時間は午後7時頃からですが、山深いキャンプ村です。お越しくだされば幸いですが、お越しいただける方々には山深い場所ですので車の運転にはくれぐれもご注意ください。