もくれん林が満開です

キャンプ場のある東みよし町男山地区のお寺(徳泉寺)に今もくれんが満開です。今日永代供養日で家族で行って来た時の写真を紹介します。およそたくさんの大きなもくれんの木に花が満開しています。青空の下で供養に集まる人の心を和ませてくれました。DSC_0043_R DSC_0045_R
DSC_0047_R

桜が満開になりました。

日本中どこに行っても桜はありますが、ここでも桜が満開です。この桜はこのキャンプ場で一番古い吉野桜です。他にも黄緑のような花びらの黄桜とか早咲きの蜂須賀桜等を植えています。一昨年には宝くじ財団より寄付をいただいた桜三種類を50本、キャンプ場内に植樹しており、今年すでに可愛い花を咲かせています。いい天気には桜が似合います。散る寂しさも心によぎりますが、それにしても桜は心を癒やしてくれる不思議な花だと思います(*⌒▽⌒*)キャンプの時期に桜があれば最高ですが、DSC_0026_R DSC_0027_R

4月から開村します。

今年は変な天気が続いています。3月も中旬を越えて桜が咲きつつある時に寒気が押し寄せています。キャンプ場の木々や草木があっという間に春の装いを見せてくれるでしょう。それも楽しみの一つです。まだキャンプ場は整備の最中です。桜も50本植えて2年目になります。大きな桜の木もありますが、どんな花を咲かせてくれるのか楽しみです。

開村にむけて準備中です

今年の冬は厳しかったです。今、水道の復旧やサイトの整備、バンガローの点検などでバタバタです。特に寒波が激しかったので5箇所水道が外れたり破裂したりしました。今修理中です。零下10度ぐらいに下がったかもわかりません。木々の芽や草花は暖かくなるのを例年以上にじっと我慢してきたでしょう。暖かくなれば一斉に芽が出てくるでしょう。楽しみですね。蝋梅はいつもどおり金色の花を咲かせてきました。あと少しで満開でいい香りを放ちます。なおキャンプ場は4月から開村します。3月から受付を開始する予定です。IMG_20180222_151422_R

キャンプ場の雪景色

こんな冬は初めてですね。キャンプ場も真っ白になりました。なかなか春が遠いですね。蝋梅の蕾が開きかけているのが、嬉しいですね。もうすぐ金色の花が咲き乱れます。青空に似合う蝋梅です。雪が溶けたらキャンプ場の整備にかかります。大変です。IMG_20180208_124855_RIMG_20180208_144952_RIMG_20180208_152108_R

雪 ロウバイ 景色 春の兆しも・・・

寒波がようやくおさまり春を思わせる日になりました。キャンプ場のロウバイの花も真黄の蕾が膨らみはじめました。まるで金の鈴が木になっているようです。2月には8本のロウバイの木が満開になります。まるで山が別世界のような感じになります。それとキャンプ場から車で15分程度山の方へ走ると香川の町が見える所にいけます。二本杉という所です。昔この地域の人々がここを通って香川へ行きました。人や物がこの道で交流されていました。景色がすばらしいところです。霞がかからないときには瀬戸大橋も見えます。春が待ち遠しですね。IMG_20180102_134555_R     香川の多くのため池見えます。(二本杉より)
IMG_20180116_080102_R IMG_20180118_122830_R          ロウバイの蕾です




 

昨年はありがとうございました 今年もよろしくお願いします

平成17年 2017年 多くの皆様にキャンプ場にきていただきありがとうございました。二本栗キャンプ場はこれといってすばらしいものはないのですが、木や花や鳥と虫等自然いっぱいの二本栗であったかと思います。施設や設備や道などで色々とご不便をおかけしたお客さんもいてご迷惑をおかけしたことも心に遺っています。一度来ていただいた方がもう一度来たいというキャンプ場にしたですね。

キャンプ村の冬期休業について

雨の多かった秋があっという間に過ぎ、足早に冬がすぐそこに来ています。キャンプ村は紅葉がこれからで明るいキャンプ場になっていきます。この1年遠い山深い所に足を運んでいただいた大勢の方々には感謝しているところです。今日からキャンプ場の利用は2月末まで休ませていただきます。施設の点検や整備、草刈り、刈り込み、剪定などたくさんのことをしなければなりません。来年のキャンプ利用の受付は3月からにしようと思います。このブログをご覧いただいている方には、また来年も新しい二本栗キャンプ村をお見せしようと思いますので是非お越しください。